むし歯治療

むし歯治療

むし歯治療

ブランデンタルクリニック伏見のむし歯治療・むし歯予防をご紹介します。歯科健診はもちろん、初期のむし歯から進行が進んだむし歯まで、あらゆる症状に対応いたします。

当クリニックのむし歯治療の特徴

ブランデンタルクリニック伏見では、できるだけ削らない、痛みの少ない治療を心がけています。歯科クリニックが苦手な方も、できるだけリラックスして治療を受けていただけるよう配慮しています。

できるだけ削らない治療

当クリニックはできるだけ歯を削らない治療を行います。むし歯は初期段階で見つけられれば、削らずに治療できる可能性があるほか、削る場合も小さい範囲で済みます。また、歯科健診によってむし歯を初期段階で発見して、進行する前に治療できるようにしています。早期発見・早期治療を心がけています。

痛みを感じにくいよう配慮した治療

痛みを感じにくいよう配慮した治療

当クリニックは治療を受ける患者さんが痛みを感じにくいよう配慮しています。麻酔注射をする際は、細い針と電動麻酔器を使用します。麻酔の薬液を機械で温め、低圧でゆっくり注射することで、麻酔注射時の痛みを感じにくくしています。治療や痛みが怖い方には、「静脈内鎮静法」という、気持ちを落ち着かせる麻酔も使用しています。

なるべく神経を残し、再治療を防ぐ

むし歯は進行すると歯の神経に影響を与えるようになるため、そうなる前に治療を行い、歯を守るお手伝いをします。また、歯の詰め物や被せ物にセラミックなど金属以外の素材をおすすめしています。金属の場合、変形したり汚れが付着しやすかったりするため、むし歯や歯周病が再発する可能性があるためです。

なるべく削らない、レーザー治療

なるべく削らない、レーザー治療

レーザー治療には、痛みを和らげる効果があります。当クリニックで使用するEr:YAGレーザーは、レーザーによる熱をスプレー状の水で冷却しながら治療するため、熱の感覚があまり気になりません。痛みがほとんど無いため、麻酔をかけずに治療できるケースが多いです。さらに、レーザーは歯の内部に侵入した菌を殺菌できるため、むし歯予防効果も期待できます。

できるだけ痛くない治療

「むし歯の治療は痛い」というイメージを持っている方が多いと思いますが、なるべく削らない治療を目指しています。もし削る場合でも、電動麻酔器やレーザー治療器など、痛みを感じにくい機器を使って、より安心して治療を受けていただけるよう努めています。

根管治療

根管治療

根管とは歯の根の管のことを指し、通常、根管の中には神経があります。
そして根管治療では、この“歯の神経”が死んでしまった時に歯の根の中を消毒し、細菌が感染しないように薬を詰めて、神経が死んでしまった後も歯を長く使っていただくための治療を行います。

根管治療の精密さで変わる歯の寿命

根管治療

根管治療の成功は治療が精密に行われるかどうかに大きく影響を受けます。つまり、歯の寿命は根管治療の精密さで決まるのです。歯の治療をしても腫れや痛みが繰り返し現れ、いつまでも治らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。これは、治療を行う医師が自身の経験や勘によって治療を開始し、原因が特定されないままに治療を進めてしまっていることが原因かもしれません。
残念ながら、現代の歯科界ではこうした「医師の勘」によって治療が行われる状況がしばしば見受けられ、医科では当たり前のように使用される精密な治療を行うための顕微鏡などは歯科にはまだ普及していません。
肉眼では見えない部分まで確認し、治療を行うことができる歯科用マイクロスコープを使用すれば、より精度が高く患者さんにとって最良の結果に導く治療を行うことが可能です。

歯科用マイクロスコープによる根管治療の5つのメリット

  • 1明るく拡大することで感覚に頼らない確実な治療

    経験則や勘に頼っていた頃は、患部がよく見えず治療箇所がずれてしまったり、健康な歯まで余計に削ったりしてしまうことがありました。しかしマイクロスコープを使えば患部や状態を精密で正確に捉えられるため、必要最小限の患者さんに負担のかからない治療が行えます。

  • 2治療の可能性が広がる

    これまでは患部が確認できなかったために行えなかった部分において、診断も治療も正確に行えるようになります。治せなかった部分も治せるようになる可能性が高まるのです。

  • 3再治療を減らせる

    肉眼で見落としていた箇所の見逃しがなくなり、無駄な治療や不完全な治療がありません。たとえば治りにくい歯の根の治療は、これまでレントゲンに写るくらいの大きなヒビでなければ診断できなかったため十分な治療ができずにいました。マイクロスコープを使えば、見えなかったがために起こっていた再治療を減らすことができます。

  • 4痛みが少なく治りが早い

    削るべき患部がごくわずかですむため、健康な歯を最大限に残すことができ、治療の痛みや腫れを最小限に抑えられます。傷口も小さいため治りが早くなることも期待できるでしょう。

  • 5医師の負担軽減

    マイクロスコープはドクターにとってもメリットの大きい機器です。口腔内を無理に覗き込むことがなくなったため、1回の診療でかかる身体や目への負担が減りました。ベストコンディションをキープしながら治療に当たれるため、自然と治療の精度が高まります。

むし歯予防の取り組み

むし歯は、放っておくと症状がどんどん進み、基本的に自然治癒は望めません。しかし、初期の段階で治療ができれば、進行を抑えることが可能です。ブランデンタルクリニック伏見では、むし歯の早期発見により治療の負担を軽減するため、歯科健診を行っています。

定期メンテナンスでむし歯を予防しましょう

定期メンテナンスでむし歯を予防しましょう

むし歯は、定期的な歯科健診による早期発見・早期治療が大事です。早い段階で見つけて、できるだけ患者さんのご負担が少なくなる治療を目指しています。治療後は、むし歯の再発を防ぐためにメンテナンスを行っています。過去に処置した詰め物や被せ物の見直しも行っていますので、お気軽にご来院ください。

お問い合わせはお気軽に

札幌市にお住いの方で
歯のことでお困りでしたらご相談ください。

pagetop